購読する 受け取る
最新のニュース そして
最新の開発情報を入手してください。

Wi-Fi 製品の RF 出力電力と EVM (誤差ベクトル測定) の間の謎

台湾の台北の Wi-Fi 製品にはハイパワー プロモーションのマークが付いていますが、それは本物のハイパワーですか?
すべての電子製品またはデバイスの出力電力はワットで計算されます。 Wi-Fi 製品でよく使われる 3 つの単位、dBm、dBi、EIRP があります。
これらのユニットについては以下で詳しく説明します。
ご存知のとおり、ワットは電子電源ユニットです。
dBm は、1 ミリワット (mW) を基準とした測定電力のデシベル (dB) 単位の電力比の略語です。ほとんどのベンダーは、IEEE802.11b モードに基づく最大出力電力をマークしています。
dBi は、エネルギーを全方向に均一に分配する仮想の等方性アンテナと比較したアンテナの順方向ゲインです。
EIRP (等価等方放射電力) は、Wi-Fi デバイスの出力電力と伝送損失 (ケーブル損失) およびアンテナの利得の合計です。通常、EIRP の量は 10 ワットまたはそれ以上の大きな数字になります。怖がらないで、行って確認してください。どこで放射線に注意する必要があるかがわかります。
EVM (Error Vector Measurement) と呼ばれるもう 1 つの重要な指標があります。パーセンテージが低いほど、信号伝送の品質は高くなります。 3% は 5% よりも優れているようなものです。 EVM が 5.5% より高い場合、信号インデックスは良好であることがわかりますが、データは転送できません。つまり、インターネットからホームページを取得することもできません。ほとんどのベンダーの QC 指数は 5% または 5.5% ですが、一部の特別な高品質製品は 3% ですが、出力電力指数は少し低くなります。リンクの品質もはるかに優れています。今後、ハイパワー製品を比較する場合は両方の指標を見る必要があります。
これらがハイパワー製品の選択に役立つことを願っています。

営業担当者にお問い合わせください

どのように協力できるかについて話し合えることを楽しみにしています。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。

購読する

購読して最新ニュースを受け取り、最新の開発情報を入手してください。

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
ニュースレターを購読して最新情報を入手してください